2016~2017年度 新庄ロータリークラブテーマ

ロータリーの原点を考える

 
2016~2017年度
新庄ロータリークラブ
会長 峯田 洋一

 今年度新庄ロータリークラブ会長を拝命いたしました峯田 洋一と申します。私自身ロータリー経験がまだまだ浅くこれから日々勉強しながら頑張っていきたいと思いま すので、1年間よろしくお願いいたします。

 今年度のRIテーマは、「人類に奉仕するロータリー」であります。また、地区方針として長谷川 憲治ガバナーは「ロータリーの意義、魅力の再発見と奉仕・友情・自 己研鑽の実践を」と目標に掲げられました。今まさにロータリーの意義があらためて問われているのではないでしょうか。私を含め多くのロータリアンも、ロータリーとは何なの か疑問に思っている方が多いはずです。そのことを踏まえ、今年度新庄ロータリークラブは「ロータリーの原点を考える」を基本テーマとし、会員の皆様と語らい、笑い、アイ デアを分かち合いたいと思います。それによって例会の出席率も更に上がり、その結果、会員それぞれがロータリーに対する認識が変わってくるのではないでしょうか。  次に、会員増強であります。今年度地区方針として、新庄ロータリークラブに年間1名以上の増員を目指すようお願いされました。地元新庄市も他の地域と同様人 口減少、少子高齢化にあり、また、地域経済も決して良いとは言えません。過去50数名の会員がいましたが、20年ほど前に新庄あじさいロータリーと2つに分かれた こともあり、現在17名であります。これにより役割分担の負担、会費不足による会の運営負担などの問題も起きております。以上のことから今後1年間3名以上の会 員増強を目指します。

 今後1年間ロータリー活動としまして、様々な事業があると思いますが、会員皆様のご協力を賜りながら運営していきたいと思います。

  • ホーム
  • 概要
  • 組織表
  • 各種資料
  • リンク